求人掲載の傾向そして求人媒体の選定ってどうすればいいの?

Sponsored Links

他の有料媒体で見られる傾向は一番最安値プランではなかなか人材獲得がしにくくなってきております。少し前であれば大手が上位プランを独占していて下位プランに中小企業が掲載をしていましたがこれもまた傾向が変化しつつあります。大手もプランをさげて掲載期間を延ばすようになってきました。

そして、小規模事業者様の参入も増えてきました。95パーセント以上がインターネットからの応募で紙媒体の求人情報誌での応募が難しくなってきました。

インターネットでの求人掲載に変化させていきましょう。

求人掲載の傾向について

geralt / Pixabay

求人掲載方法が多様化しています。

  1. 1媒体あたりの費用を抑えて多数の媒体へ打ち出す方法
  2. 1媒体への掲載金額を増やす方法
  3. 1媒体のみに長期的に掲載する方法
  4. リファラル採用です。紹介や推薦する手法です。日本ではマイナーな採用方法ですが海外では取り入れる企業が多数存在するメジャーな採用手法です。

それぞれの掲載方法に様々なメリットがあります。

1.の多数の媒体への掲載では利用ユーザーの獲得の幅に変化が期待できます。それぞれのPV数は一定数の数は見込めますが爆発的な効果は期待できないと思います。

2.の場合は上位ページの露出が期待できるためPV数が必然的に上がります。そのため応募数が獲得できる確率があがるということになります。

3.は長期的に掲載することによって掲載期間中の応募獲得が期待できます。こちらの掲載方法は中途採用や離職の回転が速い業界で有効でしょう。一昔前までは長期的な掲載はネガティブなイメージがありましたが近年はそうでもないです。

4.は最近活性化してきています。ネガティブなイメージがつきまといますが、採用基準をしっかりと設けて基準をクリアすれば採用するということにすれば離職も防げます。全従業員が紹介者となるので大胆であり、取り入れる企業も少しずつではありますが増えてきています。採用コストの削減にも効果的です。

これからは市場に出てこないまたは応募者が選択肢に入れていなかった人材を獲得できるような施策が必ず必要となってきます。

Sponsored Links

自社採用サイトの充実

mohamed_hassan / Pixabay

自社採用サイトの充実。自社採用サイトを多く構える企業が増加してきました。

コーポレートサイトとは別に採用サイトを構築させ、福利厚生の発信やブログでの社内行事や取り組みについての発信です。

求人広告代理店が提供する求人媒体よりも掲載に規制が少ない分発信の仕方に自由の幅が広がることがメリットです。自社採用サイトを充実させるには更新や発信、求職者の目に留まる努力が必要です。

そして求職者がいざ、働くことになれば不一致で退職してしまうことがないように正しい情報の発信も大切です。

 

月額に換算すれば300円程度で運用できます。まずはコツコツとやってみることです。

月に2件~5件程度応募がくれば元は取れると思います。

求人媒体の選定

求人媒体の選定って難しいですよね。求人広告代理店の選定も非常に重要な任務です。

広告代理店の営業の方でも売ってしまえば終わりというような考えの方も存在します。

掲載するにあたり掲載期間中は重要なパートナーとなりますのでその方がどういう考えをもってどういう提案をしてくるのかが重要です。そして業界のことに詳しいのかどうなのかも必要な要素です。

 

必要最低限な要素を持った方をパートナーに選定しましょう。付き合いが長いからというような考えは一度捨てたほうがいいです。他の方の考えも含め提案してもらい、吸収できるところは吸収するとさらによくなる可能性も秘めています。

業種によって応募がきやすい媒体などもあります。特化型求人のみで打ち出すほうが有利に人材を確保できることもあります。

最近ではWantedlyやジモティーを使う手段もあります。ジモティーがGoogleしごと検索にすぐに対応していたのには驚きました。

長期的な目で見るとFacebookで求人を出すのも一つの手段です。

最後に

求人にお悩みの方はご相談ください。真剣に先を見据えた人材戦略が重要になってきます。

Sponsored Links

関連記事

  1. 経営者・人事・総務担当者必見の求人ノウハウ indeed編

  2. 無料で求人掲載できる採用ツールおすすめ6選!うまく活用して採用をグッと引きよせましょう!

  3. 大手企業も参入で多様化する通年採用を中小企業が勝つためには? | メリット・デメリット

  4. 中途採用の手法と解決策

  5. 【求人はタイトルも重要!】効果が出るタイトルの付け方のコツ!

  6. ハローワークのサービスが充実!システムが刷新されました | 厚生労働省

  7. 経営者・人事・総務必見!求人はマーケティングだ!

  8. 求人応募の対応のルール作りは出来ていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP