求人採用する際の手法ノウハウをご紹介

Sponsored Links

現在人材難に陥っていませんか?またはこのままいけば陥りそう。なんて思いながら経営をしていると気が気じゃないですよね。

会社に魅力があるのに伝えきれていない状態になっていませんか?

少しでも脱けだせるように採用の手法をご紹介いたします。

求人採用に大切な手法ノウハウとは?

“ほとんどの会社では、毎年新しい人材を新卒採用、中途採用、アルバイト・パート採用して入社させることになるでしょう。

就職氷河期などとは違って、今では売り手市場といわれています。そのことから、従業員側が会社を選ぶ時代でもあります。そこで、できるだけ募集をする際に有利になるように、求人募集の際にはノウハウを活用してください。

採用のノウハウは少しずつ試すことで改善されてきます。また、コツを掴めば応募が増えることにもなります。

採用に関するノウハウ、手法っていろいろな方法がありますが、Twitterを使うのも良いでしょう。求人雑誌に募集すると、コストもかかってしまいますが、Twitterなら無料です。そのため、お金をかけずに人を採用したいという場合ならば、Twitterで募集するのもおすすめです。あなたのちょっとしたアイディア、手法により、人を集めることができるのです。

そのために、TwitterなどのSNSを有効活用することで、簡単に人材を集めることができるでしょう。SNS以外であれば、ハローワークなどに依頼するのも良いかもしれません。ハローワークも無料で求人募集することができるため、活用するほうがより多くの人材からの応募があります。そして、ネットを使えば、ノウハウ、マル秘な手法がたくさん見つかるため、検索してそれらを参考にしてみてください。

情報社会の今、ネット上を探せば、必ず有益な情報を入手することができます。ちょっとでも優秀な人材を見つけられるように、常にアンテナを張り巡らせ、情報強者となれるようにしてください。そうすることで、会社にとっても、あなたにとっても、メリットが数多くあるはずです。”

Twitterを活用した採用事例

Twitterを活用する理由は

アクティブユーザーが多い点、安易に投稿できるので人事担当者に負荷がさほどかからずに継続しやすい。無料で投稿できるのに知ってもらうことができるからミスマッチが起こりにくい。

この3点を踏まえて注意とルールを設けながら活用してみましょう。

DeNA様が運用している新卒採用アカウント

定期的な発信で情報を得ることができます。

Sponsored Links

神奈川県の国産ソファメーカー【株式会社セルタン】の新卒採用担当アカウント

採用情報はもちろんですが、商品を知ることもできて面白みのある運用方法をしておられます。

こちらのサエラ薬局様も新卒採用アカウントとして運用しておられます。

どの企業も会社のことが知れるアカウント運用をしています。

参考にしてけん制せずに前向きに取り組んでみてください。

マル秘ノウハウ!求人採用の手法

インスタグラム、フェイスブック、ツイッター、これらのSNSを利用することで、簡単に魅力ある人を探すことが可能です。もし、あなたの会社に入社してもらいたいという場合、採用担当者はSNSのダイレクトメッセージ機能(DM)を使い、直接アタックしてみるのも良いでしょう。

いきなりメッセージしても怪しまれるために、まずはあなたのアカウントを育て、日々定期的につぶやくことをおすすめします。そして、ある程度フォロワーがついて信用されてくれば、「あなたの投稿を見て前々から興味を持っています!弊社はあなたがより活躍できる環境です。弊社で働いてみませんか?」などと、DMをしてみるのも良いでしょう。成功すれば、かなりの手間を省くことができます。

この手法のメリットとして、全く誰だかわからない、どんな人かわからないという心配がない点です。もし、求人募集をネット上やホームページでしても、どのような人から応募がくるのかわかりません。ですが、SNSで気になる人に直接アプローチする手法であれば、そのようなことがないのです。

採用担当者が求人募集をする場合、ぜひ、SNSを活用してください。そうすることで、効率的に求人募集でき、良い人を採用できる可能性が高まります。ノウハウ系の情報商材を買うのも良いので、良いノウハウを見て生かしてください。いろいろな手法、ノウハウがあるため、それらを活用しない手段はないでしょう。SNSサイトを有効的に活用することで、非常に手軽に人材を獲得できるのです。もちろん、間違ったやり方をするのではなく、正しく活用してください。

 

もう待つ姿勢だけでは採用が困難になっている時代です。攻めの姿勢で取り組んでみてください。

最後に

人の働き方がAIの進化や技術の進歩で取って代わられるような仕事も少しずつ増えてきて現実味を帯びてきました。

この進歩による働き方の変化によって人の働き方にも変化が生まれています。

時代に対応できる体力と思考が必要です。それまでに人材をそろえ、環境づくりを行っておくことで先へつながる先が見える企業へと進化するはずです。

Sponsored Links

関連記事

  1. 経営者・人事・総務必見!求人はマーケティングだ!

  2. 経営者・人事・総務担当者必見の求人ノウハウ indeed編

  3. 大手企業も参入で多様化する通年採用を中小企業が勝つためには? | メリット・デメリット

  4. 無料で求人掲載できる採用ツールおすすめ6選!うまく活用して採用をグッと引きよせましょう!

  5. indeed求人掲載直接入稿とクローリングを比較!メリット・デメリット

  6. ハローワークのサービスが充実!システムが刷新されました | 厚生労働省

  7. 求人応募の対応のルール作りは出来ていますか?

  8. indeed無料枠の活用法をご紹介!こうすれば無料でも採用のチャンスが!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP