『宜しくお願い致します』は間違い!?NGビジネス文章

Sponsored Links

ビジネスシーンで注意すべき言葉や表現をご紹介します。この機会に間違った言葉を使っていないか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ビジネスシーンでは正しくは『よろしくお願いいたします』

ビジネスシーンで漢字があるから使っていたりしていませんか?

実はそれが間違った使用方法になっている場合が多々あるかと思います。

メール文章で『よろしくお願いいたします』と『よろしくお願い致します』の2通りで使われていることを見かけるかと思います。

疑問を抱けなければよろしくお願い致しますと使っているのではないでしょうか。

辞書でひくと『致す』は『する』の謙譲語

Sponsored Links

『いたします』を使った例文

  • 何卒ご配慮いただきますようよろしくお願いいたします。
  • 承知しました。ではお伺いする前にご連絡いたします
  • このたびはお手数をおかけいたしまして、恐縮です。誠にありがとうございます。

以上の「いたします」はいずれも補助動詞としての働きです。

『する』の意味で使う場合

  • 私が致します
  • 私と致しましては、何とも申し上げにくいことです。

『宜しくお願い致します』という書き方は間違い

「宜しく」について

「宜」という漢字は,「常用漢字表」にはありますが,“読み”としては字音の「ギ」があるだけで,「よろしく」という字訓もなければ,挨拶言葉としての「よろしく」という意味もありません。
公用文は,「常用漢字表」の搭載されていない漢字を使うことはできませんので,「宜しく」と書くことはできないのです。
なお,「宜」という漢字の意味は,熟語として「適宜」「時宜」「便宜」「情宜」があることからも分かるように,「程よくかなっている。」という意味の語です。
ですから,これに「よろしく」という字訓を与えるのは,間違いというべきです。
これまで,「宜しく」と書いて「よろしく」と読んだのは,意味が似通っていることから,当て字として,慣習として使われたでものあり,学問的成果によるものではありませbん。

最後に

このように気になった言葉があれば検索してみてはいかがでしょうか。

知らない知恵が得られることがあります。

Sponsored Links

関連記事

  1. メール署名欄のマナーとテンプレート【コピペでOK】

  2. 知ってる?「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」の正しい使い分け

  3. 新年の挨拶をしっかり送って幸先のいいスタートにしよう!例文をご紹介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP