中途採用の手法と解決策

Sponsored Links

採用にお困りの企業・人事担当者の方は求人使っても応募がこないと嘆いているだけで工夫や対策は行っていますか?

行動しなければ結果は得ることができません。求人を掲載するために原稿を作ってもらっても自社の人材ではありませんよね。

いくらプロでも内部の詳しい環境まではわかりません。内部でも求人に詳しい人材を配置することは重要な問題です。

是非やれることからやってみましょう。

中途採用の手法

最近は大手企業までもが中途採用に力を入れるようになりました。うかうかしていられません。

さて、中途採用の手法ですが紙媒体からネット媒体まで様々な手法があります。

SNSまでもを活用しながら採用に取り組む企業が多数です。

Tumisu / Pixabay

媒体選定

紙媒体であれば代表的なタウンワークがありますね。

また職業安定所のハローワーク。

ネット媒体であれば転職サイトならリクナビ転職、マイナビ転職、エン転職

はたらいく、バイトルNEXT、ディースターとネットは費用が高い媒体から安価なものまでその時その時で選定をしながら選択するといいと思います。

専門媒体も存在します。

業界によっても応募者や媒体に変化は出ます。媒体の特徴を把握することが大切です。

ただやみくもに掲載していると思うような結果は得ることができません。

無料掲載ができるジモティーやindeedは利用できるのであれば利用することをおすすめします。ただし、更新作業は必須です。

自社にどういった人材がほしいのか。媒体によってユーザーの年齢層やどういう意志を持ったユーザーが多いのかが大事です。各求人媒体の担当者がデータを持っているので準備をしてもらって媒体の特徴を把握して媒体選定を行いましょう。

Sponsored Links

ネット媒体は一番下のプランは近頃ではあまり効果を発揮することができなくなってきました。一つ上のプランを選択することをおすすめします。

採用ターゲットの明確化

どのような人材を求めているのかを明確にしましょう。

あれもこれもといったターゲットで原稿作成をすると失敗の可能性は高まります。

予算設定

この予算設定も非常に重要です。

30万かけて採用が一人だけだと採用単価は30万円です。

2人は獲得したいですね。30万は優に超えている企業が多くなっていますが行き当たりばったりの採用活動にならないために無料求人と有料求人のつかいこなしが大切です。

そして有料媒体では徹底分析をしてください。いけなかった箇所や応募者からの原稿の振り返りが有効な手段として働きます。

求人課題解決

課題解決に向けた見直しは是非行ってください。

解決案

  1. アプローチ方法
    1. アプローチの方法は掲載が第一です。次にできることは転職サイトならスカウト機能の活用です。機能がついているものはまっているだけではなかなか応募を稼ぐことは難しいです。
  2. ターゲット
    1. ターゲット層の明確化は先ほども申し上げましたが
  3. 競合調査
    1. 競合他社を知ることが目標達成の足掛かりにまります。他社を調査してみましょう。
  4. 媒体選定
    1. 媒体選定はネット、紙、価格、募集人数などで利用する媒体が大きく変わります。
  5. 情報発信
    1. SNSを利用したりして情報発信で応募者の方にどんな会社なのかを知ってもらい、入社後のギャップを解消して不一致削減に努めて定着率をアップさせましょう。嘘の発信はしてはいけません。
最後に

中小企業の方は兼業が多いはずです。そこで振り返りをきちっとしていただける担当者についてもらうことが大切です。

私は現在も一人で掲載から全てを賄っています。時間を少しでも作って分析すればいい結果へと変化していきます。

確実に採用市場は時代とともに変化し続けています。今できることを一つずつクリアして達成してください。

Sponsored Links

関連記事

  1. 求人採用活動数値化して分析できてる?応募単価、面接率、採用率と向き合え!

  2. 無料で求人掲載できる採用ツールおすすめ6選!うまく活用して採用をグッと引きよせましょう!

  3. 大手企業も参入で多様化する通年採用を中小企業が勝つためには? | メリット・デメリット

  4. 自社採用サイト構築するメリットとデメリット

  5. 経営者・人事・総務担当者必見の求人ノウハウ indeed編

  6. indeed無料枠の活用法をご紹介!こうすれば無料でも採用のチャンスが!

  7. 【求人はタイトルも重要!】効果が出るタイトルの付け方のコツ!

  8. 働き方の多様化で考える人材確保について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP