社内文書について

Sponsored Links

社内文書とは社内で配布されるものはメモから通達まで全て社内文書に含まれます。社員を抱える企業にとって全ての社員に情報を伝えるのは意外と難しいことです。こういった情報伝達が正確かつ迅速に確実に行われるために、社内文書は大切なコミュニケーション手段の一つとなります。小規模の企業であれば社内文書が確立されていない企業も多いのではないでしょうか。

社内文書について

報告書や案内文など、社内文書を書くたびに「この場合、どのように書けばいいんだろう?」と思っていませんか?

あれこれ検索しながら文書を作成すると、かなりの時間がかかってしまいますよね。

でも、社内文書で大切なのは「速さ」「正確さ」「わかりやすさ」

社外文書で必要だった細かな言い回しや礼儀は、二の次でよいのです。

今回は、社内文書の役割と基本的な書き方を紹介します。

社内文書の基本を知り、よりスピーディに、より簡潔に書けるようになりましょう。

Sponsored Links

社内文書の種類

【指示命令を目的とするもの】
通達:組織の上位から下位へ情報を伝達するための文書

辞令:移動や昇進などを指示する文書

【決裁、指示を求めるもの】
稟議書:提案などの承認を求めるため関係者に回す文書

進退伺:重大な過失があった時に、責任を取って辞職すべきかどうかを上司に伺う文書

【報告を目的とするもの】
始末書:事故や不始末の報告・謝罪のために、事故の経緯などを記す文書

報告書:任務や調査の報告をするための文書

【部署間の連絡調整を目的とするもの】
回覧文書:部署内で回し読みする文書

通知文:振込み通知など事実や出来事を通知する文書

【保存して記録となるもの】
議事録:株主総会、取締役会などの内容を記録する文書

【その他】
届出文書:有給休暇の申請などを会社に届け出るための文書

社内文書の書き方

社内文書にはルールがあります。

ルールを守って社内文書を書きましょう。

Sponsored Links
PAGE TOP